スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

祓われず煩悩

予想外に、新年一発目は一輪でした。
むしろ雲山。
アリスの人形は後に回されました。
ぬええん。
ぬえも、今回あまり出せませんでしたぁー。
彼女は南無三されたようです。


「貪、瞋、慢、無明、見、疑を六惰眠として、見を五つに分ける。合わせて十惰眠。さらに八十八に分けて九十八惰眠。お米かって言うの。そして、そこに十纏を加えて百八。その根本には、貪欲・瞋恚・愚痴の三毒がある」

 冬の屋根の上は、寒い。
 何より、冬服が薄着すぎる。
 尼の衣装は、質素であるべきだ。
 そうしないと、尼入道の「尼分」が薄れてしまう。
 そうしたら、私はどこへ行くべきか。
 人里に行った時に、頭巾を外していったら判らなかったようで全員が振り返った。
 ちうわけで、年末に向けてより尼らしくしようと学習をするわけである。
 
(何故、屋根上なのか)
「だって、中は姐さんと参拝客が」

 年末である。
 つまんねである。
 違う。
 寺に参拝客が集まる理由は、『聖輦船で行く、初日の出ツアー』の申し込みだ。
 年末のしきたりとかないのか。
 年始は、ちゃんと初詣いけよ。
 
「あと、姐さんに教わってたら年明けちゃうよ」
(だが、伝統ある尼さんだぞ)
「それはそうだけど……」

 正直、姐さんの過保護っぷりは半端ではないのだ。
 千年も離れていたからか、法界にいる間に誰かに感化されたのか。
 過保護っていうより、溺愛だ。
 特に、ぬえとかナズーリンへの溺愛がやばい。
 まさか……。

(違うと思うぞ)
「そ、そうよね」

 ネズミはわからないが、ぬえは姐さんよりも年上のはず。
 ……私からしても、そうは見えないけど。
 
(で、手伝わないのか)
「中に居ても居心地悪くてね、私は説法の一つも知らないし」
(人手がないより良いだろう?)
「ヒント、今は毘沙門天様の寅が来てる」
(なるほど……)

 本家本元の毘沙門天が来ているとなれば、人の口から口へと飛び回る。
 寅丸さん曰く、毘沙門天の弟子らしいけどそれは関係のない話だろう。
 豪傑な毘沙門天が麗しい女性とあれば、男どもが寄ってくるのは道理。
 ああ、空に南無三された烏合の衆が舞う。
 ま、姐さんのことだから湖にでも落とすのだろう。
 空から見たときは、中々大きなものがあったし。
 おお、水柱が上がる上がる。
 寅丸さんも相当に強いんだけどね。
 それこそ、毘沙門天を名乗るくらいには。
 
「ところで、この寺には年末年始においてかけている物がある」
(鐘か?)
「解答が早いよ」
(何年、お主と組んでると思っとるか)
「うー」

 阿吽もびっくり。
 雲山の言うとおり、命蓮寺には鐘がない。
 元が船だから、仕方ない。
 そんなものを積んだら、船の航行バランスがうんたらかんたらってムラサが言ってた。
 よくわからない。
 地に建てるにしても、船として発てば鐘だけが残されてなんとも微妙。
 
「そんなわけで、大鐘はダメっぽい」

 今から作ったのでは、もちろん間に合わない。
 神社にも鐘はないし、寺は他にない、らしい。
 つまり、除夜の鐘はウチの寺頼み……!

(違うだろう)
「だって、煩悩祓いは除夜の鐘の役目でしょう? 宴会に恋路にと迷う里人はどうするのよ」
(南無三されれば良いだろ)
「姐さんが過労死するじゃない!」
(せんだろ)

 雲山が冷たい。
 コンビ解消を視野に入れるべきか。
 
「姐さんに聞ければ、一番早いんだけど」

 姐さんは、寅丸さんに寄り付く蟲をちぎっては投げている。
 とても聞ける状況ではない。
 しかし、煩悩の塊だな人里。
 体裁とかはともかく、本当に祓ったほうがいいと思う。
 うらやましいとかじゃないぞ。
 本当だぞ!
 あんなに群がられていいなーとか思ってないんだからね!
 
(一輪よ)
「何よ!」
(星殿に聞いたところ、古い時代の鐘には一人で運べる程度の鐘があったらしい)
「ほう、それは興味深い」
(……編鐘というらしくてな、現在の和鐘の源流らしい。ナズーリン殿が、例の古物商のところで見たと)
「よし行こうすぐ行こうさぁ行こう」

 そんなわけで、我々警護組は里はずれの店へど向かうのであった。





「あれ、一輪出かけるの?」
「年末に必要なものを取りに行ったのでしょう。たぶん」
「さぼり?」
「どうだろうね」

 お八つ時の命蓮寺。訪れる人もまばらになり、遅めの昼食というわけだ。

「で、何時頃に船を飛ばします?」
「年が明けて、蕎麦とか片づけてからでいいんじゃないかしら」
「ところで、小傘は?」
「必死に蕎麦打ってるわ、星さんと一緒に」
「百人分だっけ。ぬえも運び方手伝いなさいよ」
「UFO使って配るよ。ムラサと違って効率的に」
「スパゲッティモンスターになんかしたら、ただじゃおかないんだからね」
「えっ」
「何よそれ」
「べ、別に?」
「二人ともほどほどにね」
「食事中にバタバタしないでくれよ。ほこりが立つじゃないか」

 船は、夜明けを目指して雲を突き抜けることになった。

「でも、出航の合図がないっていうのは寂しいですよね」
「あ、それなら今一輪が調達しに行ってますよ?」
「そうなんだ。何を持ってくる予定なんだい?」
「ナズーリンさんは、存じてるんでしょう?
「さてね。聖の想像におまかせするよ」
「お蕎麦できたよー」

 命蓮寺は、休憩明けの激務に備えて腹ごしらえを始めた。
 今年も、まだまだ終わりそうにない。





「だあああああ! 間に合わないじゃないの雲山!」
(何を言う! お前が目移りするからーー)
「もう陽が沈んじゃったじゃない! 船発っちゃう!」
(ムーとかミーとかいう雑誌がなければ……こんなことには……)

 もはや、空は黒に染まっていた。
 東の空には、満月が浮かんでいる。
 例年比でいえば、かなり丸い。

「店主にはふっかけられるし、もう散々だわ!」
(蕎麦食えないしの)

 そう、私は昼食返上なのだ。
 店主は、美味そうに食べていた。
 ちくしょうめ。

「あっ、もう乗り込み始めてるじゃん!」

 夜明けまでは、まだ時間がある。
 それまでは、寒さのために中で宴会をするのだ。
 雲を抜けて、確実に日の出を見るために高々度まで上るとのこと。
 とてもじゃないが、人間が外で飲んでいたら凍死してしまう。
 ……巫女たちなら、死なないな。

「あ、一輪そろそろ出るよー」
「待ってー! 乗るから待ってー!」

 荷物があるため、あまりスピードを出せない。
 船が、稼働を始めたようだ。
 
「出航ー!」

 ムラサの声と同時に、船が浮き上がる。
 私は、通常の乗り込み口からではなく甲板に降りた。
 船の外敵から乗務員を守るのが、私だ。

「待ってー!」

 ぬえ、なんであんた乗り遅れてるの。
 
「蕎麦に悪戯してたー!」

 何だと。
 食べ物に悪戯した奴は、聖に南無三されるんだぞ。
 よかったね。

「えっ」
「本当よ。姐さんは食べ物で遊ぶ奴に、とっても厳しいんだから」

 無駄に浪費する寺を、物理的にも道徳的にも潰しにかかった時は怖かったなぁ。
 
「……種とってくる」
「早くした方がいいわよ」

 ぬえが船内へと去るのを見届けて、私は鐘の設置に移る。
 空は曇天。
 雲を抜けるときは、雲山に守ってもらおう。

(望みの物ではなかったな)
「仕方ないわ。無いよりマシだもの」
(とりあえず、儂も手伝おう)
「ありがと」

 船は高度を上げる。
 もうすぐ、綺麗な月が見える。
 時間通りなら、雲海の上で年明けのはず。





「じゃ、私は一輪さんに蕎麦を届けてきますね」
「ご主人、七味忘れてるよ」
「おっと」

 これはうっかり。
 群がる男衆は、およそ酒に潰れているのでした。
 ちょっと弱すぎじゃないかな。
 その程度で、毘沙門天にすがろうなど甘い甘い。

「うわっさむっ」

 外はまだ、雲のまっただ中。
 そろそろ月が見えますかね?
 甲板は真っ白で、うっかり落ちかねません。
 
「一輪さーん?」
「あ、寅丸さんですか? まっすぐですまっすぐー」
「はいはーい」

 寒い寒い。
 このままだと、お蕎麦冷めちゃいますね。
 おっとっと。

「はい、年越し蕎麦です」
「……」
「どうしました?」
「え、ああいえ、安心しただけです」
「?」

 雲山さんにには、蕎麦の香りを楽しんでいただきます。
 お、そろそろ雲を抜けますね……。
 空が見える。
 ぶわっ。
 雲のわずかな抵抗を抜けて、船は月の光を一身に。
 
「あ、それが編鐘……ですか?」
「正確には、編鐘の一部ですけどね。完全な形では揃っていませんでした」
「なら、割引も?」
「いえ、体で払いました」

 ?!
 あっえっ。

「ななななななななな?!」
「おかげで遅くなっちゃったんですよ。店の掃除とか自分でやれよって話ですよね」
「……あぁ」

 煩悩は私ですか……。
 毘沙門天の代理として、これではいけませんね。

「さて、そろそろ年が明けますね」

 小槌を持った一輪さん。
 半鐘よりも小さい、釣られた鐘が数個。
 形式は違えども、命蓮寺らしくていいかもしれませんね。

「では」
「はい」

 釣鐘よりも小さいが、より澄んだ音が空に響く。
 煩悩を祓うと言うよりも、優しく諭すという印象を受ける。
 ああ、聖ですね。
 ややあって、月明かりに照らされた鐘突きは百八の音を鳴らした。
  
「明けましておめでとうございます」
「いいえ、こちらこそおめでとうございます」
「お、年明けたかー」
「あら、おめでとうございます」
「うえー……酔った……」

 聖たちが、続々と現れた。
 乗り込んだ人間は、全て潰れたらしい。
 どれだけ強いんですか。

「ま、あんな鐘程度じゃ私たちは祓えないわね」
「そりゃね、千年物だもの」
「……この鐘、実は楽器だしね」
「いいんじゃないの? 気にする人間なんていないよ」
「そうですよ? 来年は私が作っておきますから」
「聖?!」

 月見酒は進む。





 雲海が、光に裂かれた。
 本当に、飲み明かしてしまった。
 姐さん、なんであんなにけろっと樽を空けられるの……?
 ナズーリンも、ムラサも潰されてしまった。
 星さんは、日の出を人間たちに知らせに中に入っていった。
 
「今年はいい年にしましょうね」
「ええ、貴女たちがいればいつだっていい年ですよ」
「……そうですか」

 相変わらず、さらっと恥ずかしいことを言うなこの人は。
 考えてみれば、封印が解けてから二人っきりになることがあまりなかった。
 むぅ。
 こうなると、若干恥ずかしいものがある。
 千年前は、こんなことなかったのに。

「一輪、ちょっとおいで」
「?」

 姐さんに手招きされ、ほいほいと近寄る私。
 寄っているから、フラフラとした千鳥足。
 危ない危ない。
 ちょっとよろけた隙に、姐さんに手を引き倒された。
 尼頭巾を取られ、膝枕に押し付けられる私。

「ちょっ姐さん?!」
「最近べたべたしてなかったから、ちょっと衝動がねー」
「やめてください! 恥ずかしいじゃないですか!」
「酔って寝ちゃったことにすれば、大丈夫よ。いい年にするんでしょ?」
「……まぁ」

 まんざらでもない。
 ……寒い中、あれだけ除夜の鐘叩いたのに煩悩とれてないじゃん。
 ダメじゃん。
 ……でもいいか、朝日綺麗だし。
 気持ちいいし。

「帰る段になったら、教えてくださいね。警護もあるんですから」
「はいはい」
「まったく……おやすみなさい」
「はい、おやすみなさい」

 日の出の光が眩しい。
 結局、勉強した尼知識は役に立たなかったな……。
 まぁいいか。

「あ、仏法が知りたいなら私が教えてあげますからね?」
「うぁ」

 気付かれていたのか。
 さすが姐さん。
 若干の不安を残しつつ、気持ちよさに身を委ねた。
 明けましておめでとうございます。
 おやすみなさい。
 良い年を。

2010.01.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | SS

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

小宵 / M-zane

Author:小宵 / M-zane
怠惰臭溢れる死に体

Flashカレンダー

phoenix

DARTS LIVE

検索フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。